記事リスト

目的に合わせて選ぼう

色見本

細かい仕様も確認を

プラスチックカードは紙カードと異なり耐久性も高く、お財布などにもスマートに入れられて保管や携帯もしやすく、高級感もあるので、お店のメンバーズカードやポイントカード、クリニックや歯科医院の診察券、会社の社員証やIDカードなどに幅広く活用できます。オーダーする際はどんな目的で使うのか、何枚用意したいのか、予算はどのくらいかによって、どのようなタイプのプラスチックカードを用いるかを検討し、業者ごとに異なる料金システムを料金表や見積もりをとって比較検討することが大切です。メンバーズカードやポイントカードの場合、ナンバリングやバーコードを入れるかを検討し、かつ、会員各自で直接名前をペンで記入するためのサインパネルを設けるかも検討しましょう。プラスチックカードに直接、字を書くのが難しいので、氏名欄が欲しい際はサインパネルを忘れずに入れるよう気をつけなければなりません。一方、診察券のように次回の予約日時などをどんどん書き込みたい場合には、低コストで直接字が書ける薄型のPET素材でできたプラスチックカードを利用する方法もあります。料金的にも低コストで、直ぐに印刷もできるのも便利です。社員証などに入館証などを兼ねたIDカードを作りたい場合には、それぞれ異なる社員番号と社員一人一人の顔写真と氏名を入れられるバリアブル印刷に対応する業者を選ぶことが大切です。業者ごとに最低ロット数や、ロットごとの料金設定も異なるため、対応技術や費用をよく検討して選びましょう。

Copyright© 2018 orderでstickersを安く作る方法|専門の印刷会社を利用 All Rights Reserved.